小林雄司

職長
平成20年入社
とび一級技能検定合格
登録鳶・土工基幹技能者講習修了

日常生活では行くことのできない場所へ行けます。

志望動機はなんですか?

高校を中退してプラプラしていた時期に、親の知り合いから小出架設で働いてみないかと誘われたことがきっかけです。18歳で入社して、途中1~2年は転職した時期もあるんですが、また戻ってきて現在15年目になります。

以前に、とび職を経験したことはありましたか?

まったくの未経験だったので、イチから教わりました。

どのように仕事を覚えましたか?

言葉で教わるというよりは、先輩方の作業を見て吸収していく感じです。人それぞれ仕事の仕方に違いがあるので、その中から自分に合ったやり方を見つけていきました。

主な仕事内容は?

27歳で職長をやらせてもらうようになり、現在は元請けと工程を相談しながら現場の指揮をとっています。僕が入社した頃は事細かに仕事を教われる時代ではなく、見て覚えるしかなかったんですが、「もっと知りたい」「この場合はどうやるんだろう」と思うことも多々ありました。だから、教える側になった今は、丁寧にわかりやすく説明するように心がけています。

とび職の魅力を教えてください。

日常生活では行くことのできない場所へ行けますよ。高い所に登るわけですが、まだ何かが立つ前の、目の前に何もない空間が広がっているんです。この仕事でなければ見られない景色だと思います。

現場の雰囲気はどうですか?

すごく明るいですね。ただ、作業時間と休憩時間のメリハリは大事。命に関わる仕事なので業務中は厳しいですが、その代わり休憩時間は緊張を解いて楽しく過ごせるように努めています。

入社希望者へのメッセージ。

僕は会社員を経験したこともあり、それと比べると体力的にはきついですが、精神的には楽。体が細い僕は最初は力仕事が大変でしたが、経験を積めば乗り越えられるので、少しでも興味があるならぜひやってみてほしいですね。